当事務所では西宮近隣の皆様の生活・事業活動をサポートいたします

交通事故に遭ってしまったら・・・示談をはじめる前にご相談ください

交通事故の慰謝料など保険金請求は専門家である行政書士にお任せください

示談を開始してからでは手遅れです!

現在、交通事故の慰謝料など、金銭的な問題はほとんどが示談で解決されています。
もしあなたが交通事故に遭われたら、保険会社と示談されることと思います。
当事務所に相談に来られる方で保険会社の示談金を提示されたときにほとんど説明がないと不満をお持ちの方が多いのです。
しかしご自身で交渉される前に、是非、行政書士に相談されることをおすすめします。
なぜなら交通事故の慰謝料である保険会社からの保険金は、保険会社との示談によって大きく変わります。

保険会社の対応に不満はありませんか

法律知識に乏しい一般の方が交通事故の示談を保険会社と行うのは一筋縄ではいきません。
というのも、保険会社としてもなるべく保険金を出したくはありません。
保険会社の提示額は私どもから見れば計算額の4〜6割ということが多いのです。
少しでも金額を抑えようとする保険会社の企業事情や交通事故示談に関して熟知し、年間何十件と交通事故示談を解決している交渉のプロである保険会社の担当者と互角に示談をすすめるのは非常に難しいことです。

ひとりで悩まないでください

損害賠償請求書を出す場合にも、損害賠償額を決定しそれを裏付けるための証明をしなければなりません。
やはりこれも専門家でないと難しい作業ではないかと思います。
きちんと調べて計算された金額と保険会社の提示する金額を比べていただいたら、その金額の隔たりに驚かれることと思います。
保険会社の提示する慰謝料に簡単に納得して示談を終わらせないでください。

示談は示談書として書面に残すことが多いですが、口頭での約束でも示談は成立します。
安易な口約束は後々トラブルを引き起こしかねません。

当事務所は交通事故の被害者を支援します

西宮市は兵庫県下でも交通事故発生件数が上位の市です。
私どもの事務所にもよく相談者がいらっしゃいますが、保険会社との示談が大詰めを迎えてから来訪されることが多いのです。
しかし時が経ってからではなかなか交渉に有利な材料も見つかりにくいのが現状です。
ここをごらんいただいている方が不幸にも事故に遭われたときには、すぐにご相談くださることをお願いします。
※行政書士は直接代理人として示談に関わることはできませんが、同行して助言することができます。


一般的な交通事故解決の流れ

交通事故発生
まずは治療に専念してください
後遺症が残らない(治療が終わってから) 後遺症が残る(症状が固定してから)
毎月、診断書とレセプトを取得してください 保険会社より自賠責保険後遺障害診断書をもらい病院の先生に証明してもらってください
保険会社より後遺障害等級認定票が送付される
不満があれば異議申し立てを行う
保険会社に連絡し示談金額の提示を受けてください
損害賠償請求書の作成、送付します
保険会社の回答を見て満足できなければ見直ししてから再度、損害賠償請求書を作成、送付します
示談書作成 話し合いがまとまらない
提携弁護士に引き継ぎ裁判

太字部分が一般の方では判断するのが難しいのではないかと思います。

  • 後遺障害の認定がふさわしいかどうか
  • 医師と診断書について協議すること
  • 損害賠償請求書の金額の算定

これらを的確に見極めておかなければ示談を有利に運ぶことは難しいと思います。