当事務所では西宮近隣の皆様の生活・事業活動をサポートいたします

Qestion & Answer

■Qestion1 父が死亡し、相続の手続きをしたいのですが。遺言書はありません。

@推定相続人を確定する必要があります。
お父様の「住民票の除票」(本籍記載)のものを市役所等の住民課でお取りください。
その後、被相続人(お父様)の出生までの戸籍・除籍・改正原戸籍等の相続証明書をお取りいただくか当方でお取りします。(相続人の特定)


A遺産目録を作成する必要があります。
土地建物等の不動産。株券。銀行預金。現金。その他の財産。


B遺産分割協議書の作成。
被相続人が数人存在する場合、遺産を誰が何を相続するか協議する必要があります。

■Question2 遺言書が存在するのですが。

@自筆証書遺言書ですか。 家庭裁判所に検認手続きをする必要があります。
開封されないようにしてください。


A公正証書遺言ですか。  遺言書をお持ちください。

■Question3 遺言書に遺言執行者が記載されています。

遺言執行者が、相続に関する専門家であれば、遺言執行者にご相談ください。
そうでなければ、私どもの事務所にご来所ください。相談させていただきます